DEVELOPMENT

旧芝離宮恩賜庭園より「クレストプライムタワー芝」を望むimage

2020年に向けて、
浜松町駅周辺では複数の大規模再開発が進められています。
東京を代表する街へ、さらなる発展が期待されます。

A(仮称) 竹芝地区開発計画

都有地を活用したまちづくりプロジェクトの一環。浜松町駅前までの歩行者ネットワークの整備、防災対応力の強化といった周辺環境の向上を図りながら、新たな国際ビジネス拠点を目指す。

事業主体
: 株式会社アルベログランデ
用途
: 業務棟/事務所・展示場・飲食店・物販店舗等
 住宅棟/ 住宅・サービスアパートメント・ 子育て支援施設等
敷地面積
: 約15,600㎡
階数
: 業務棟 / 地上39階 地下2階
 住宅棟 / 地上21階
開業予定
: 2020年

B(仮称) 芝浦一丁目計画

東京ドームと同等面積の敷地に、世界的建築家槇文彦氏による設計で複合開発を行う。 国際競争力の高いビジネス・観光拠点の構築を目指す。

事業主体
: 野村不動産、東芝不動産 他
用途
: ホテル・オフィス・商業施設・住宅
敷地面積
: 約47,000㎡
階数
: 地上47階
開業予定
: S棟 / 2023年度
 N棟 / 2029年度

C浜松町2丁目4地区 都市計画

東京の玄関口である浜松町駅のポテンシャルを活かし、国際コンベンションホールの整備、外国人滞在者支援機能の導入などによる国際交流拠点形成に取り組む。また浜松駅改良と併せて歩行者ネットワークの整備、乗り換え動線の強化、バリアフリー化などの交通連節機能の強化を図る。

事業主体
: 世界貿易センタービル他
用途
: 事務所・店舗・駐車場・地域冷暖房・駅舎
敷地面積
: 約28,690㎡
高さ
: 約200m
階数
: 地上39階、地下3階
開業予定
: 世界貿易センタービルディング南館 / 2021年1月
 A街区全体 / 2027年末

D竹芝ウォーターフロント開発計画

JR東日本が「沿線エリアの価値向上」を目指し、地域と連携しながら新規事業・開発を積極的に進める。歴史ある浜離宮恩賜庭園を臨む竹芝エリアにおいて、文化・芸術を核とした新たなまちづくりを行う。

事業主体
: JR東日本
用途
: ホテル・オフィス・商業・劇場・駐車場等
敷地面積
: 約23,000㎡
階数
: 高層棟 / 地上26階、地下2階
 劇場棟 / 地上6階、地下1階
 駐車場棟 / 地上10階、地下1階
開業予定
: 2020年春以降段階的に開業
このページのトップに戻る

Copyright(c) Gold Crest Co., Ltd. All Rights Reserved.

Copyright(c) Gold Crest Co., Ltd. All Rights Reserved.