ゴールドクレスト新卒情報2017

人を知る

「白木さんに相談すれば、大丈夫!」目指すのは、顧問不動産屋。

仲介営業

ゴールドクレストに入社を決めたのは、とにかく営業に携わる仕事がしたかったから。色々な会社で営業職がありますが、不動産は「お客様にとって最も高額な買い物」である、そのことに興味を持ちました。不動産営業の中でも、ゴールドクレストは平均年齢が若く、若いうちからチャンスがもらえるという点に魅かれました。

不動産のプロとして、不動産取引のマッチングを行う。

現在は、不動産仲介を行うゴールドクレスト住宅販売に所属しています。仲介とは、不動産を売りたい・貸したい方と、買いたい・借りたい方をつなげるビジネスです。不動産のプロとして「こんな中古マンションを購入したい」「自宅の売却をしたい」というお客様からの要望をうかがい、不動産取引のマッチングをはかります。そのため、不動産の市況や相場など、常に新しい情報を得て、更新していくことが大切です。

私が住宅販売に配属されたのは、入社2年目の秋でした。それまでは新築分譲の営業をしていたのですが、同じ営業活動でも分譲営業と仲介営業は、全く違うものでした。右も左もわからない状況からのスタートだったので、まずは上司への報告・相談を心がけました。お客様とお話しした内容を細かく報告し、紹介する物件や価格交渉などこまめに相談していきました。それにプラスして、他のどのメンバーよりも足を使って動くことを意識しました。この仕事のやり方がよかったのか、どんどん契約をとることができ、その年の年間NVP賞を受賞しました!全社員の前で表彰があり、受賞スピーチもあったのですが…緊張しながらも、会場の笑いもきっちりとりました(笑)


今後の目標は、一人でも多くのお客様にとっての「顧問不動産屋」になりたいですね。「顧問弁護士」ってあるでしょう?「白木さんに相談すれば、大丈夫!」そんな存在です。そのお客様にとって、何でも相談できる、頼れる不動産のプロになりたいですね。

学生時代と変わったことはありますか?
学生時代は何をするにしても「自分がこうしたい!」ということが一番初めにありました。しかし社会に出て、上司やお客様とたくさん接しているうちに、まず「相手はどう思うか」ということが、優先して頭に浮かぶようになりました。

就職活動中の学生に一言!
営業職を志望している方は多いと思います。「営業」という仕事は、相手の気持ちを読み取る力、相手のために尽くせる力、相手との対話力を向上させることが重要です。突き詰めると「人間力」を鍛えることですね。それにはどうしても「経験」が必要です。ゴールドクレストでは、若い年次でも経験を積めるチャンスが溢れています。ぜひ一緒に「人間力」を高めていきましょう!

  • 商品企画
  • 契約
  • 営業推進
  • 営業
  • 業務
  • 仲介営業