インタビュー特集-矢向・尻手エリア-

ラ・フォルム新鶴見ラウンドパーク資料請求受付中!公式サイトへ。

ゴールドクレスト ロゴ

校長先生インタビュー

地域とともに・夢がふくらむ
「横浜市立新鶴見小学校」

横浜市鶴見区に位置する「横浜市立新鶴見小学校」は、平成7年に創立された開放感溢れる近代的な小学校。地域の人々の協力による活発な課外活動や、土曜日を利用したオープンスクールデー、"中一ギャップ"をなくすための小中一貫教育など、学校の教育活動に協力的な地域性が子どもたちの健やかな成長をしっかりと支えている。そんな「新鶴見小学校」の学校長に、学校の沿革や日頃の学校の様子などについてお伺いした。

開校22年、先進的な校舎が魅力の「横浜市立新鶴見小学校」

学校の沿革や概要について教えてください。

学校長:本校は平成7年4月に開校し、今年で創立22年という比較的新しい学校です。当初は児童数350名程度の小さな学校でしたが、このあたりは都心部・横浜方面へのアクセスが良く、住宅環境としても優れているので、この少子化の時代にあっても人口は増加傾向にあります。現在では当初の3倍に近い918名の児童が毎日元気に登校しております。創立から今日までの22年の間に2回もの増築を行い、校舎を拡張することで、児童の増加に対処してきました。新川崎エリアの再開発に伴い、児童数は今後も増加していく見通しです。

スロープやエレベーター等があって、先進的な校舎ですね。

学校長:平成7年に本校が創立された際、世論は少子化の風潮に包まれていました。よって、本校もいずれは児童数の減少に伴って閉校し、福祉施設として転用される予定でした。そのため、車いすの方でもスムーズに移動できるように、廊下も広く設計され、スロープやエレベーターも設置されているのです。現在では、この開放的な廊下を子どもたちが走ってしまうので困っておりますが…(笑)特徴的な校舎なので、きっと子どもたちも愛着を感じてくれていると思います。

校舎内に設置されたエレベーター

開放的な廊下

教育目標について教えてください。

学校長:「ともに生き、ともに学び、自ら生活や学びを切り拓く子どもを育てます」。これが本校の学校教育目標です。
具体的には、
① 将来にわたって生きるために必要な基礎的・基本的な知識を身につけるような学習を展開します。
② 自らを律し、人と協調し、人を思いやる心や感動する心を育むような体験を展開します。
③ 心と体の調和のある成長を目指すような活動を展開します。
④ まちや横浜を愛し、世界に目を向けるような活動を展開します。
というものです。 また、「夢ふくらむ新鶴見」は、本校のキャッチフレーズです。

異文化交流とは、具体的にどのようなことをなさっているのでしょうか。

学校長:以前から本校には、日本語を母国語としない子どもたちも在籍しております。その子どもたちに日本語を教えるのはもちろんですが、その子どもたちとふれあいともに学校生活を送ることは、日本語を母国語とする子どもたちにとっても大きな学びがあるものだと考えます。相互の文化理解を目指した授業を展開するなど、力を入れて取り組んでおります。

国際交流教室

課外活動では、どのようなことを行っているのでしょうか。

学校長:昔からこのエリアにお住まいの方の中には、農作業の経験がある方も多くいらっしゃいます。本校ではそのような地域の方々にご協力頂いて、子どもたちに本格的な農作業体験の機会を設けております。土いじりをすることも少なくなった現代、子どもたちが畑作業から学べることは多くあると考えております。 子どもたちが夏休みの間も、地域の方々が畑を見守ってくださっております。地域の協力なくして、この課外活動は成立しません。いつも支えてくださる地域の方々へは、本当に感謝の思いでいっぱいです。

夏・ひまわりが植えられた畑

野菜つくり体験のポスター

校舎から見た畑

地域ボランティア・保護者の方々との関わりについて教えてください。

学校長:地域ボランティアについては先ほど述べた通りですが、保護者の方々との関わりという観点では、「オープンスクールデー」という日を設けております。これは、土曜日の午前中に授業公開を行い、平日中は参加が難しい保護者の方々にも学校にお越しいただこうというものです。また本年度から、「校長と語る会」を開催しています。これは、保護者の方々が学校長と直接「子どもたちの将来」や「学校教育の現状」についてフランクに語り合うことを目的に設定されたものです。子どもたちが学校でどのように活動しているのかご覧いただき、直接語り合うことで、保護者の方々の安心にも繋がると考えております。

校門より

ありがとうございます。最後に、この地域の魅力について教えてください。

学校長:なんといってもアクセスの良さではないでしょうか。都心へも横浜方面へも便利に行けますから。今後もますます発展していく将来性も魅力だと思います。

横浜市立新鶴見小学校

・ 所在地
神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町2-1
・ TEL
045-583-8915

※この情報は平成29年8月時点のものです。最新の情報は、公式サイトをご覧ください。