SECURITY

万が一にも配慮し、家族の安全に備えた安心のセキュリティ・構造

安心のセキュリティ

住戸前のインターホンの他に風除室にセキュリティゲートとなるオートロックドアを設置しました。来訪者を住戸内のカラーTVモニター付インターホンで確認できるので、不審者や訪問販売などが無断で建物に入るのを防ぎ、居住者の安全とプライバシーを守ります。

ハンズフリー入館システム

鍵をカバンなどに入れておくだけで、オートロックドアに近づくと自動で解除。鍵を取り出す事も、センサーにかざすことも、もちろんオートロック盤の操作も不要です。

24時間・365日のセキュリティシステム

ALSOKと提携した24時間セキュリティシステムも採用しており、緊急時に住戸内非常ボタンを押すか、あるいは機械設備の異常などを各種センサーが検知すると、警報が管理員室へ。係員が現場に急行するなど適切な処理が行われます。

防犯カメラ

エントランスをはじめ、共用部の各所に監視カメラを設置し、防犯対策を図りました。

エレベーターモニター

1階エレベーターホールにはエレベーター内のカメラ映像を映す乗場液晶インジケータを設置。防犯効果を高めます。

宅配ボックス

留守中の宅配物を受け取り、保管する宅配ボックスを設置。24時間いつでも取り出せるので、帰宅の遅い方はもちろん旅行中も安心です。

ハンズフリーカラーTV
モニター付インターホン

各住戸のリビング・ダイニングにTVモニター付きオートロックインターホンを設置。各エントランスの来訪者を、声だけでなくインターホンについているTVモニターでチェックすることができます。また、玄関前のインターホンでも来訪者を再度確認でき、住まう人の安全とプライバシーを守ります。

プログレッシブシリンダーキー

玄関キーにはプログレッシブシリンダーキーを採用。理論鍵違い数は1000億通りで、ピッキングや複製が困難なだけでなく、高硬度部品の採用でドリル攻撃にも防犯上強い、とても信頼性の高い鍵です。

ドアガード

玄関ドアには切断されにくいドアガードを採用し、防犯性能をより高いものにしています。

鎌形デッドボルト錠/防犯サムターン

バールのこじ開けなどの破壊行為に強い鎌デッドボルト錠、器具を使用した不正解錠を防ぐ防犯サムターンなど、生活の安全性を高めています。

プッシュブルドア&ダブルロック

荷物などで両手がふさがっていても少ない力で開閉しやすいプッシュプルドアを採用しました。またドアのシリンダー錠を二重に設置することにより、防犯性を高めました。

東京ガスのマイコンメーター

各戸のガスメーターに組み込まれたマイコン制御機で24時間ガスの使用状況を確認し、震度5程度以上の地震が発生した際及び異常なガスの使用量を感知した際には、自動的にガスを遮断する構造になっています。

対震玄関ドア

各住戸玄関扉に採用した対震枠が、地震時の壁の変形や歪みに追随し、万が一の場合にも扉の開閉がしやすい構造となっています。

自動着床装置付エレベーター

地震時や停電時には自動的に管制運転に切り替わり、最寄りの階にエレベーターを着床させます。また、最寄りの階でドアを開く機能もついていますので、万一の場合も安心です。

万一の時にも安心できる備えを

地震などの自然災害に備え、マンホールトイレなどの備品を収納する備蓄倉庫を建物内に設置しました。また、敷地内にはAED(自動体外式除細動器)も設置しています。

CASBEE川崎

川崎市建築物環境配慮精度に基づく評価システム「CASBEE川崎」の評価を受けています。

住宅性能評価書

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に定められた法廷制度(申請は任意)で、客観的かつ公平に品質が評価されるので、資産価値はもちろん、住まう方にも安心です。

地震への配慮を施した高い耐震性をもつ基礎造り

大臣認定を受けた軸径約60cm~90cm、節部径約75cm~100cmの既製杭82本を基礎部分とあわせて約24mまで埋設。支持層となるのは、地下約20mにある砂礫層という地層です。

強度の高いコンクリートを使用

コンクリートの耐久年数は強度が高い程長くなると言われています。一般に使用されているコンクリートの強度は24N/mm2ですが、主要構造部材である柱・梁・床スラブに設計基準強度30N/mm2以上、最大で設計基準強度36N/mm2のコンクリートを採用しています(外構・付属施設等のコンクリートを除きます)。

溶接閉鎖型筋

通常の帯筋よりも地震時の揺れによって生じる"せん断力"に対する補強効果が高いつなぎ目のない溶接閉鎖型筋を採用。柱の耐震性を向上させています。

異形鉄筋使用と二重配筋

鉄筋は全て異形鉄筋を使用。丸鋼よりコンクリートへの付着力が強く、建物の地震に対する耐力が増強されます。また外壁・戸境壁は鉄筋を二重に配筋。優れた構造強度を誇っています。

二重壁工による戸境壁断面

住戸間の界壁はコンクリート厚20cm(一部18cm)の上に、プラスターボードを重ねビニールクロスを貼る二重壁工法を採用(一部を除く)。メンテンアス/リフォームにも配慮し、生活音の漏れを最小限にとどめました。

断熱効果を高める外壁面

外壁はコンクリート厚15cm(一部18・20cm)、外面は耐久性に優れたタイル貼(一部除く)。室内側は厚さ25mm以上の現場発泡ウレタン吹付け施工により断熱効果を高めています。それによって部屋の熱負担を軽減し、光熱費の削減を図るとともに、部屋内の結露対策に配慮しています。

耐震・耐久・遮音性に優れた
スラブ厚と壁厚

床スラブ20cm(一部25・22cm)、外壁15cm(一部18・20cm)、戸境壁20cm(一部18cm)の余裕のコンクリート厚を確保し、耐震・耐久・遮音性の向上を図っています。