芝界隈の上質な時間

名工の逸品を愉しむ。

名工の逸品を愉しむ。

湯山春峰堂 伝統工芸士 湯山富士雄さん

芝1丁目にある江戸表具の老舗『湯山春峰堂』。幕末から創業し、現在3代目の湯山富士雄さんに、仕事の内容と芝の街の魅力についてお話をいただいた。湯山さんは、版画家・棟方志功の仕事をずっと手掛けていたという。「棟方志功とは親しくさせていただき、個展用の屏風を作ったりしていました。他にも、美術的に価値の高い文化財を手がけていましたが、それだけではなく『歴史的価値はないけれど、ずっとおじいちゃんが大事にしていたから』といった個人的に大切な作品も『とても大事なもの』でしょう?私達は、そういうものもずっと残していきたいと思っているんです」 開発が進む街の中にも、守っていきたい歴史があるという湯山さん。新しいものを受け入れながら、古き良きものをしっかりと守ってゆく。芝という街の心地よいバランス感覚が、湯山さんの手がけるお仕事にも表れているような気がした。

どんな作品も魂を込めて作ってゆく 江戸表具 湯山春峰堂

店舗兼作業場の3階は、作業風景を横目に見ながら、製作中の作品を鑑賞できる。痛んでしまった先祖代々の屏風なども、気軽に持ち込め、現代風の表具、掛け軸なども、注文があれば作るそう。受付は2階で。

港区芝1-12-9 (約210m/徒歩3分)

湯山春峰堂img

芝神明 榮太樓img

芝神明 榮太樓

芝大門にのれんを掲げる「榮太樓」は初代から続く屋号。共に受け継がれた味は文豪尾崎紅葉も好み、定番の最中である「江の嶋」の名付け親にもなっている。

芝神明 榮太樓img

港区芝大門1-4-14(約610m/徒歩8分)

花弘/クロードカンコーimg

花弘/クロードカンコー

「花弘」と、パリの老舗フラワーショップ「クロード カンコー」のコラボレーションによるフラワーショップ。季節に合わせたさまざまな色彩で、アレンジメントもご用意。

花弘/クロードカンコーimg

港区芝芝公園ザ・ピリンスパークタワー東京B2F (約790m/徒歩10分)

ブーランジェリー トーキョーimg

ブーランジェリー トーキョー

ザ・プリンス パークタワー東京1Fの、美味しい手作りのパンをテイクアウトできるお店。シェフが自慢の腕をふるった、毎朝焼き上げる天然酵母のパンやサンドウィッチなど、バラエティーも豊富。

ブーランジェリー トーキョーimg

港区芝公園4-8-1 ザ・プリンス パークタワー東京1F(約790m/徒歩10分)

シガークラブimg

シガークラブ

ブランドによって味わいが異なる葉巻。充分に熟成させたタバコ葉から作られたさまざまな葉巻は、軽さや濃厚さもそれぞれにあり、訪れたお客様と相談をしながら選ぶ事ができる。

シガークラブimg

港区麻布台2-3-9(約1,400m/徒歩18分)