芝界隈の上質な時間

この地が中心であると実感する。

この地が中心であると実感する。

「クレストプライムタワー芝」の誕生する「芝1丁目」は、東京の重要拠点として栄えてきた街がもつ、優れたアクセス環境に囲まれている。いつの時代も大人にとって必要な銀座や、新たな美術館が誕生し、ショッピングに加えてアートシーンも盛り上がりをみせる六本木。第一京浜をはじめとする主要幹線道路や、鉄道各線を利用して気軽に行けるのが魅力だ。
しかも仕事からプライベートまで、国内外を敏速に移動することができる鉄道網も発達している。関西方面へ出かける際には、東海道新幹線が運行している「品川」駅まで、5分でアクセス。全国への空の便では「浜松町」駅から東京モノレールで羽田空港まで直通。また、成田空港へも都営浅草線と乗り入れている北総鉄道で快適にアクセス。忙しい合間を縫っての海外渡航も、より身近なものになるだろう。さらに竹芝ふ頭からは、最速時速80kmで海上を走る水上高速船「ジェットフォイル」が、千葉港や横浜港への運行実験を開始。旅客船として定期運行し、新規航路が開拓される日が待ち望まれている。東海道が主要な交通手段であった昔から、連綿と続く発達した交通網。海・空・陸を掌中に収める都市での暮らしは、実はとても貴重なことなのかもしれない。

クレストプライムタワー芝 image

六本木image

銀座・麻布・六本木が身近に

ショッピングからグルメ、アートまで、洗練された大人のための街、銀座・麻布・汐留・六本木へは「クレストプライムタワー芝」現地からすぐ。とくに六本木は「森美術館」と「サントリー美術館」に加え、「国立新美術館」の誕生で、アート・トライアングルを形成しており、注目されている。

  • ■六本木ヒルズ グルメやショッピングの他、「森美術館」や「TOHOシネマズ六本木ヒルズ」などカルチャーシーンも熱い。
  • ■東京ミッドタウン 広大な緑と6つの建物からなる複合都市。ショップやレストラン、オフィス、ホテル、美術館が集まる。

六本木ヒルズimage

image

東京都内から国内各所まで、自在な交通アクセス

第一京浜をはじめ、日比谷通り、桜田通り、外延東通りなどの主要な一般道が通っていて、銀座・汐留・六本木などの主要スポットへもすぐ。首都高の「芝公園」入口が近くにあり、都内の各所へもスムーズ。また、JR品川駅からは、東海道新幹線が運行し、関西方面へも便利にアクセスできる。

浜松町から東京モノレールで羽田空港へ直行

最寄り駅「浜松町」駅から東京モノレールを利用して、羽田空港まで直通。国内の各都市からアジア諸国など海外まで、自宅を出てから軽快なフットワークで到着できてしまうのが魅力だ。

都営浅草線利用で、成田まで直通。

平成22年(2010)を予定として、北総鉄道が成田新高速鉄道に接続し成田空港まで接続。これにより、都営浅草線から成田空港までが身近に。