STRUCTURE
― 構造 ―

Structure
永住を目指した設計プランニング

設計
基本設計
その立地に最適なプランをプロジェクトチームで熟考し、 さまざまな可能性の中から最適なプランを選びます。
実施設計
基本設計のイメージに沿った具体的な実施設計図面を書き起こしていきます。
整合性チェック
実際の施工が実施設計通りになるように整合性を細部まで検証します。
施工
地業工事
杭工事や堀削工事などを行います。
躯体工事
鉄筋工事、コンクリート工事などを行います。
内装・外装仕上げ工事
断熱工事、電気・設備工事、タイル・塗装工事などを行います。
防水工事
シーリング工事、アスファルト防水工事など
竣工検査
様々な工程を経て施工を行い、工程の重点管理項目は必ず現場で検査しています。そして、竣工検査が実施され、合格した上で竣工となります。
お引渡し
お引渡
お客様へお引渡した後も、自社内にカスタマーサポート部門を設け、アフターサービスにもスムーズな対応を心がけています。

プロジェクト会議

マンションの設計・仕様等の決定段階で、経験方法な設計スタッフが実際に販売の現場でお客様の声をお伺いしている営業担当の意向を反映し、検討会議を重ねて設計しています。

品質管理

人命を守り、資産である建物を守るという使命を全うするために、しっかりとした品質管理に従った作業を尊守しています。

立会検査

施工段階では、熟練施工スタッフが定期的に、各工程の重点管理項目を現場でチェックしています。

住宅性能評価書

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に定められた法定制度(申請は任意)で、客観的かつ公平に品質が評価されるので、資産価値はもちろん、住まう方にも安心です。

結露を防止する外壁断面

外壁コンクリート厚18cm(一部30・25・20・16cm)、外面は耐久性に優れたタイル貼(一部吹付タイル仕上げ)。室内側は、コンクリートに25mm厚の断熱材を吹付け、プラスターボードを重ねた上にビニールクロスを貼り、断熱性を高めています。これは結露防止のための配慮です。

溶接閉鎖型筋

通常の帯筋よりも地震時の揺れによって生じる“せん断力”に対する補強効果が高い継ぎ目のない溶接閉鎖型筋を採用。柱の耐震性を向上させています。

二重天井

スラブと天井の間に設けた隙間に電気配線を行うことができるため、将来のライフスタイルの変化に合わせた間取り変更などのリフォームにも対応が可能です。

二重壁構造により戸境壁断面

住戸間の境壁はコンクリート18cm(一部25・22cm)の上に、プラスターボードを重ねビニールクロスを貼る二重壁工法を採用(一部を除く)。メンテナンス/リフォームにも配慮し、生活音の漏れを最小限にとどめました。

遮音性に配慮した間仕切壁

浴室・トイレなどの水まわりと居室との間の壁は、片側にプラスターボードを2枚重ねて貼り、壁内部に遮音性に優れたグラスウールを充填しています。この対策によって、生活音の漏れを最小限にとどめました。

耐震・耐久・遮音性に優れたスラブ厚と壁厚

床スラブ21cm(一部30・23・22・20・18・15cm)、外壁18cm(一部30・25・20・16cm)、戸境壁18cm(一部25・22cm)の余裕のコンクリート厚を確保し、耐震・耐久・遮音性の向上を図っています。

アウトフレーム工法

柱型をバルコニー側に出すことで、室内の有効面積を広げるアウトフレーム工法を採用しています。デッドスペースをなくし、家具のレイアウトをスムーズに行えます。

高い強度のコンクリートを使用

コンクリートの耐久年数は強度が高いほど長くなると言われています。一般に使用されているコンクリートの強度は24N/mm2ですが、主要構造部材である柱・梁・床スラブに設計基準強度30N/mm2以上、最大設計基準強度54N/mm2のコンクリートを採用しています。(外構・付属施設等のコンクリートを除きます)

地震への配慮を施した高い耐震性をもつ基礎造り

■アベニュー弐番街
(財)日本建築センターの評定を受けた軸径約120cm~210cm、拡底径160cm~290cmの場所打ち鋼管コンクリート杭(一部軸径約120cm~150cmの場所打ちコンクリート杭)67本を基礎部分と合わせて約48.5~52mまで埋設。支持層となるのは、地下約47mにある100万年~60万年前頃に堆積した上総層群(細砂~団結シルト)という地層です。


■アベニュー参番街
(財)日本建築センターの評定を受けた軸径約140cm~170cm、拡底径200cm~280cmの場所打ち鋼管コンクリート杭(一部軸径約40cm~65cmの場所打ちコンクリート杭)62本を基礎部分と合わせて約36~52mまで埋設。支持層となるのは、地下約47mにある100万年~60万年前頃に堆積した上総層群(細砂~団結シルト)という地層です。(一部地下約33mにある細砂層を支持地盤としています)

Copyright(c) Gold Crest Co., Ltd. All Rights Reserved.

お問合せは「ゴールドクレストマンションパビリオン」 120-590-770

案内図

資料請求

来場予約

ハイグレードマンション ゴールドクレスト